えずこホール仙南芸術文化センター
〒989-1267 宮城県柴田郡大河原町字小島1-1 TEL : 0224-52-3004/FAX : 0224-51-1130 mail:info@ezuko.com

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




HOME > えずこ資料室 > 主催公演2013 > AZ9ジュニア・アクターズ 第21回公演

AZ9ジュニア・アクターズ 第21回公演 「丸森キャッツ」

AZ9ジュニア・アクターズ 第21回公演●日 時:2014年2月15日(土)-16日(日)
      14:00開演(13:30開場)
●会 場:えずこホール(大ホール)
●料 金:全席自由 一般1,000円(当日1,200円)
          学生600円(当日800円)
          親子ペア1,400円(当日1,600円)

※公演は終了いたしました。

<主催>
えずこホール(仙南芸術文化センター)、えずこ芸術のまち創造実行委員会

作/クマガイコウキ
演出/渡部ギュウ
出演/AZ9アクターズ19期生(8名)、20期生(10名)、21期生(18名)
仙南地域に住む小学4年生から6年生で結成している児童劇団AZ9ジュニア・アクターズ。子どもたちのエネルギーは今年も健在。未来を担う子供たちのフレッシュな歌、ダンス、そして演技。感動に満ち溢れたステージにご期
待ください!


AZ9ジュニア・アクターズとは?⇒⇒⇒参加する<AZ9ジュニア・アクターズ>

【「丸森キャッツ」のあらすじ】
さて、養蚕が盛んだった頃の丸森町。
人間によって大切にされている猫たちは、どんどん増えていったが、どんどん怠惰になった。
日がな一日、歌ったり踊ったりとのんびり暮らして、ろくにネズミも獲らない。
一方のネズミたちは強くなり、猫が逃げ回ることも珍しくなくなっていた。
ネズミによる被害が深刻化した養蚕農家は、丸森の猫たちに喝を入れるべく、伝説の猫ミスターXを指導者として招くことにした。
かくしてミスターXによる、猫たちの強化作戦が始まるが、道は険しかった。
人間の厚い庇護の下で安穏な暮らしをむさぼっていた猫たちは、本能のおもむくままにネズミを捕獲するモチベーションを低下させていたのだ。
中でも「あくまで平和的に、ネズミとの話し合いで妥協点を見出そう」とする一派は、ネズミの一部と結託し、
ミスターXの追い出しを画策するほどだった。
窮地に陥ったミスターXは、ある大胆な作戦を講ずる。
果たしてミスターXの作戦は奏功するのか!?
丸森の猫たちは人々の期待に応えられるのか!?
そして時代の流れは養蚕農家を減少させ、猫たちの境遇にも影響を及ぼし始める。
猫たちの運命はいかに!?

アウトリーチ記録

ワークショップ記録

以下のリンクは現在作成中です。

えずこレポート

アーティストインタビュー