えずこホール仙南芸術文化センター
〒989-1267 宮城県柴田郡大河原町字小島1-1 TEL : 0224-52-3004/FAX : 0224-51-1130 mail:info@ezuko.com

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




HOME > えずこ資料室 > 主催公演2013 > 柳家花緑 風間守夫 二人会

柳家花緑 風間杜夫 二人会 ゲスト:六華亭 遊花


●日 時:2013年7月28日(日) 
     14:00開演(13:30開場)
●会 場:えずこホール(大ホール)
●料 金:全席指定 一般3,500円(当日4,000円)
     ※未就学児童はご入場いただけません。

※公演は終了いたしました。

<主催>
えずこホール(仙南芸術文化センター)、えずこ芸術のまち創造実行委員会、株式会社MJ、TBC東北放送

出演/柳家花緑 風間杜夫 六華亭 遊花(ゲスト)

人間国宝5代目柳家小さんを祖父に持ち、卓越した噺の話術とTV等メディアでも注目を集め若手噺家Vo.1の柳家花緑。無類の落語好きとして知られ、いまや噺家としての実力を全国で認められる風間杜夫。最強のコンビで贈る二人会。東北弁による面白おかしい話術でここ東北で絶大な人気を誇る六華亭遊花も出演!幕間後には出演者3人によるゆかいなトークショーもございます。何倍も楽しいこの二人会!思う存分笑ってください!

【柳家花緑(やなぎやかろく)プロフィール】
1987年祖父柳家小さんに入門。94年戦後最年少の22歳で真打昇進。柳家花緑と改名。2003年落語界の活性化を目的として結成された「六人の会」(春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔)のメンバー。スピード感溢れる歯切れの良い語り口が人気で、古典落語はもとより、新作落語にも意欲的に取り組んでいる。着物と座布団という古典落語の伝統を守りつつも、近年では新作落語や話題のニュースを洋服と椅子という現代スタイルで口演する“同時代落語”に取り組んでいる。テレビ、舞台などでも、ナビゲーターや俳優として幅広く活躍中。1971年東京都生まれ。

【風間杜夫(かざまもりお)プロフィール】
1959-66年子役として活動。早大演劇科、俳小附属養成所を経て、72年「表現劇場」を旗揚げ。77年よりつかこうへい作品の主軸俳優として人気を博す。82年映画「蒲田行進曲」で脚光を浴び、83年TV「スチュワーデス物語」でお茶の間に浸透する。以来、その演技力は高い評価を得て、数多くの演劇、映像作品をはじめ、幅広いジャンルで活躍。華のある実力派俳優として、常に第一線を走り続けている。ここ10年、落語で高座に上がり、真打ち顔負けの噺家ぶりを披露している。2003年文化庁芸術祭賞演劇部門大賞、2004年読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。2010年紫綬褒章受章。1949年東京生まれ。

【六華亭遊花(ろっかていゆうか)プロフィール】
岩手県遠野市生まれ。テレビ・ラジオ番組のレポーター、として活躍後、1997年、東北弁話芸団体「東方落語」に入門し「川野目亭南天」を名乗る。その後、桂歌丸会長の落語芸術協会に認められ、2010年から「魅知国仙台寄席」レギュラーを開始。2011年「宮沢賢治イーハトーブ賞奨励賞」を受賞。2012年4月 三遊亭遊三に入門し、プロの落語家として「六華亭遊花」と改名。亭号の「六華亭」は東日本大震災に負けず「東北六県が華開くように」、との願いが込められている。テレビ・ラジオほか、魅知国仙台寄席、地域寄席、被災地復興寄席、など多方面で活躍。東北を中心に人気を博している。公益社団法人落語芸術協会仙台事務所所属。

(2013年度)

アウトリーチ記録

ワークショップ記録

以下のリンクは現在作成中です。

えずこレポート

アーティストインタビュー